ダイエット

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

心肺持久力(しんぱいじきゅうりょく)

心肺持久力とは全身の筋肉を使って、長い時間運動を持続させる能力のことをいいます。この能力は日常生活でも必要になってきます。

心肺持久力がない人は階段などを上ったり、長い間歩くと息切れを起こします。みなさんが使っている体力という表現はこの心肺持久力のことを言っていることが多いようです。

心肺持久力が必要なスポーツはマラソンなど長時間運動を続けるスポーツだといえます。有酸素的なエクササイズを使い、ダイエットを行なっていれば、自然に心肺持久力はついてきます。心肺持久力がついてこれば、更に強度の高い運動メニューを行なうことができますので、効果も早まることでしょう。

効率的にダイエットを行なうなら、心肺持久力は体力要素の中で最も必要なことだといえます。心配持久力を高めながら、痩せるコツとしては徐々に強度を上げていくこと。強度をいきなり上げてしまうと、怪我のリスクが高まったり、脂肪燃焼効果が減少する恐れもありますので、注意しましょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.