ダイエット

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

生活習慣病(せいかつしゅうかんびょう)

生活習慣病とは毎日の不摂生が原因で招く病気です。以前は成人病と呼ばれていましたが、最近では成人になる前の若い人たちにも起こるため、生活習慣病と呼ばれています。

生活習慣病というのは病気としては広い意味合いで使われています。細かく分けると、脳卒中、高血圧、糖尿病、肥満、高脂血症、心臓病などに分けられます。これらひとつひとつが生活習慣病と呼ばれているのです。

実は日本人の3分の2が生活習慣病が原因で亡くなっているのですが、予防するためにはどういった原因で引き起こるのかを理解することが必要だと思います。

生活習慣病を招く原因は喫煙・栄養の偏り・運動不足・アルコールなどが挙げられます。栄養は偏り、さらに運動不足になると当然肥満になる率も高まります。そうなるとコレステロールも増しますので、動脈硬化を招く恐れがあります。喫煙も同じように、動脈硬化を招く恐れもありますし、肺にも悪影響を及ぼします。まずは喫煙やアルコールを少し控えたり、運動を行ったりとできることから少しずつ改善していきましょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.