ダイエット

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

最大酸素摂取量(さいだいさんそせっしゅりょう)

最大酸素摂取量とは糖質や脂質を燃やして作る、エネルギー供給の上限のことをいいます。こういった表現をするとかなり難しく感じますが、簡単に説明すると有酸素能力を評価するためのひとつの指標です。

最大酸素摂取量を正しく測定するには大学などの運動生理学の研究室などが必要です。正確に測定する機器は高価なものなので、設置しているところは少ないのが現状です。簡単に測定したい場合はエアロバイクの体力測定で推定最大酸素摂取量をだすことは可能です。最大酸素摂取量はひとつの指標なので、それ自体にこだわる必要はありません。

最大酸素摂取量は有酸素運動で向上させることができますので、この数値が高い人は持久力に優れていると判断できます。年齢的には男性17歳、女性14歳まで年齢とともに向上するといわれていますが、それ以降運動を継続しなければ著しく低下していくことがわかっています。有酸素能力を維持・向上させるためにも定期的に運動を続けていきましょう。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.