ダイエット

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

レップ数

レップ数とはトレーニングなどを行なう際の回数単位をいいます。腕立て伏せ15回のことをトレーニングの専門的な言葉ではレップと表現します。

ダイエット、筋肉増量、筋力向上など人によって目的はさまざまです。その目的によって運動強度(負荷)やレップ数を決定しなければいけません。

シェイプアップの場合、負荷は1RM(1RMとは最大限の力を出し1回しか上がらない重さ)の70%以下、レップ数は12~20回がベストでしょう。筋力アップの場合は80~100%。要は負荷とレップ数のバランスが必要になります。

負荷が弱く、レップ数も少ないとなると効果がみえてきません。シェイプアップが目的なのに負荷が強く、数多くレップがこなせないとなると、目的とは別の効果が出てしまいます。

ダイエットにはレップ数を多くこなす必要があります。なんとなく数をこなしていくだけでは、思ったほどの効果は出ないでしょう。トレーニングは正しいレップ数で行なってください。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.