ダイエット

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

エネルギー

エネルギーとは活動の源として、体内に貯めてあるものです。他には物理学的な仕事をするための力などという意味合いもあります。エネルギーを詳しく解いていくとかなり難しくなり、まったく意味がわからない状態になると思いますので、細かいところは省いて簡単に説明したいと思います。

運動でのエネルギーは摂取するエネルギーと消費するエネルギーの大きく二つに分けられます。摂取するエネルギーとは食事などの栄養です。食事などの栄養にはカロリーが存在します。このカロリーが体を動かすエネルギーとして体内に溜め込まれていきます。消費するエネルギーとは、摂取して体内の中に溜め込まれているエネルギーを使うことをいいます。

基本的には体を動かすことによってエネルギーは消費されますが、睡眠時など安静にしている時も、エネルギーは消費しています。脂肪が減る仕組みもこれが関係しています。

この仕組みからもわかるようにエネルギーを簡単に考えれば、体脂肪などを増やさないようにすることは容易でしょう。結局は摂取するエネルギーと消費するエネルギーのバランスを上手くとることです。消費するエネルギーは極端に少なく、摂取するエネルギーは多すぎるということならば、あたりまえですが体脂肪は増加します。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.