ダイエット

  • ブックマークサービスに追加»
  • はてなブックマークに追加
  • Yahoo!ブックマークに追加
  • livedoorクリップへ追加
  • Googleブックマークへ追加
  • niftyクリップへ追加
  • fc2ブックマークへ追加

がむしゃらに運動

みなさんはダイエットをするのにどういった運動をしてきましたか?どのように運動をしてきましたか?走って、走って、走りまくる!というやり方でダイエットしてきた人もいるのではないでしょうか。この方法で痩せた方もいるでしょう。

このひたすら走るやひたすら泳ぐなどの方法は意志が強く、体力にも優れている方には問題なく効果がでます。がむしゃらに運動すれば運動量が増え、カロリーを消費することになります。当然痩せますよね。ですが体力レベルが低い方は、効果が出る前にどこかを痛めたり、運動が嫌になってモチベーションが下がってしまうなどして体調を崩してしまいます。そうなるのを防ぐためにはがむしゃらに運動するのではなく、しっかりとした運動プログラムに基づいて計画的かつ効率的に運動を行うことです。

優れた体調を維持しながらダイエットを行うことは正しい運動プログラムの特徴でもあります。がむしゃらに運動してしまった方の例としてはトップアスリートの方が挙げられることがあります。特にマラソン選手などです。オリンピックを控えたマラソン選手がプレッシャーを感じて、その不安を取り除くためにオーバーワークに陥って脚を痛めてしまい、大会で結果を残せないことなどもよくあることです。

オリンピック選手と一般の方を比べるのはおかしな話ですが、こういったトップアスリートの方でもがむしゃらに運動をして体を壊してしまうことがあるということです。それで結果が出なければ元も子もありませんよね。基本的に考え方は一般の方も同じです。結果を残すためにはがむしゃらに運動しないこと。目指すのは、うさぎではなく亀のほうです。ゆっくり確実に効果を出せればそれでいいのです。

がむしゃらに運動してしまいそうになったらこれを思い出してください。「今、体を壊してしまったら一時的に運動を中止してしまうことになる。」「中止すればまたスタートラインに逆戻り。」「焦らず自分のペースでやっていこう。」こういう風に冷静に今の自分を分析しましょう。これが出来れば体作りに大切な考え方が身についている証拠です。

スポンサード リンク
[↑]ページの先頭へ

運営者・お問い合わせ  プライバシーポリシー
Copyright(c) All Rights Reserved.